僕ら社長たちから見たサラリーマン。 忍耐力マジパねぇっす。だから勿体ないっす!

サラリーマンってどう思いますか

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料)

silentyoutube


【サラリーマンってどう思いますか】

 

山ちゃん

今回は、3人から見てサラリーマンってどう思うかということについて話してみたいと思います。

では、マーシンさんどうですか。

 

サラリーマンは、もっと自由にしてあげたくなる存在

 

マーシン

まあ、サラリーマンをどう思うかっていうのって実は今までそんなに考えたことがないんですよ。(笑)

小さい頃から周りにサラリーマンの人があんまりいなかったんですね。

うちも自営業だったし、よく遊んでくれた近所のおじさん達も工場とかで自営業の人が多かったんですよ。

うちは大田区なんで工場が多かったんですよ。

そんな環境だったわけですけど、うちの実家も昔は工場をやっていたけど毎月の収入が不安定だということもあって小さい頃よく母親に「あなたは大きくなったら絶対サラリーマンになるのよ」って言われてましたね。

だけど子供心になぜか母親にそう言われる度に「絶対サラリーマンになっちゃいけない」って思ってたんですよ。(笑)

あんまり言うもんだから逆にヤバイんじゃないかって思ったのかもしれません。(笑)

その後大人になってからは飲食業界だったり掃除業界で働いてきましたけど通常のサラリーマンに比べるとややフランクな業界だったんで私もそんなに経験はないんですよ。

ただ、数年前にサラリーマンぽい経験をちょっとだけしました。
それはある会社の顧問として人材教育や内部改革をやるというようなことだったのですが、通常の社員と同じような出体制でやることになったんですよ。

私もちょっとプチサラリーマン体験したかったっていうのもありましてね。
当然、朝は満員電車に揺られて9時に出勤して「みんなこんな感じで出勤してるんだあ」とか思ったりして。

そして夜は7時くらいまで会社にいるっていう生活をはじめました。

そして毎週月曜の朝は朝礼があるんですよ。
これがまた眠くなっちゃうんですよ。(笑)

幹部の人たちは言うことがキツイし、みんな下向いて元気なく聞いているんですよ。

だから私が喋る番になって少しでもみんなが元気になるようなこと喋ったりとかしてましたね。

あとやたら会議があるんですよ。

まあ、いろいろな部署があるのでそんなものかもしれないんですけど、これがまた眠くなるんですよ。

幹部の人がグサッと刺さるようなこというんですよね。

そしてみんな下むいちゃってる。だからそこでもみんなが明るくなるような話を私はするわけです。(笑)

営業に同行して営業のやり方とか見ていてもそんなに楽しそうじゃない。
若い社員の人にインタビューしてみると実はみんな副業でアフィリエイトとかやってる。(笑)中にはむしろ本業より稼いでいる人もいたりする。

そしてみんな情熱を持って仕事をしているというよりはまあ、それほどパッションを持ってやっているわけではなかったりという感じでしたね。

結局私も1ヶ月くらいであんまりつまんないのでその契約打ち切って辞めちゃいましたけどね。(笑)

まあ、自分はサラリーマン的な生活はちょっと無理だなと。

そういった観点で私がサラリーマンをどう思うかっていうと、不自由で窮屈でみんな無理してやっているなって見えましたね。

だからみんなもっと自由になったらいいんじゃないかなって思いますね。

参考記事

サラリーマンが副業から始めて起業を目指す方法

 

 

サラリーマンは、忍耐力・継続力がすごい人たち

 

山ちゃん

僕は、サラリーマンになりたかったっていうのがありまして、当時R25っていうリクルートが出していたサラリーマン向けの雑誌があったんですけど、いろいろコラムとか読んでいるとサラリーマン楽しそうみたいに見えたんですよ。

だからちょっとサラリーマンに対する憧れいたいなのもあったんです。

だけど僕20歳の時に対人恐怖症になったんでちょっと社会に溶け込めないって思ってサラリーマンなんて無理だって思っていたので、いい会社に出社してとかちょっと残業だみたいな生活ってカッコイイなって憧れてたというのがあります。

その後自分でビジネスはじめて、クライアントさんのサラリーマンの方々から話聞いたりという機会が増えてきたら、マーシンさんが今話していたような意味のない朝礼とか無駄な会議とかがやはりあって、出るのは愚痴ばかりだったりで現状は本当に楽しくないんだなあっていう感じでしたね。

僕が出会ったサラリーマンの人の中で「この会社で働けて最高です」っていう人にまず会ったことないんですよ。

でも起業の方はぜんぜん違っていて、今すごく楽しいんですとか、やりがいを持ってやっている人が多いんですね。だからすごく幻想が崩れたというかやっぱサラリーマン大変なんだということがわかってきましたね。

昔、学生の頃僕はホームセンターでバイトしていた時があったんですけど、その頃も社員さんたちは口々にバイトはいいよな休めるしとか愚痴ばっかり言ってたんですよ。

ただその頃は、これホームセンターだからだろうと思っていて大企業は違うだろうと思っていたんですよ。

しかし今そういう立場の人と話とかしていても、むしろ大企業ともなると政治の世界みたいに派閥とかがあったりして、あいつはどっち派だとかいろいろあってかえって大変そうだなと思いましたね。

だから自分はサラリーマン向いてないなと思いました。
だからすごい縛られてて大変そうだと思いますけど、その反面すごい忍耐強いとか継続力とかすごいなと思いますね。

理不尽なことにも耐えて成果を出していったりとかすごい能力を持っている方が多いので勿体ないなと思うんですよ。

むしろこういう方々がインターネットビジネスとか始めたら成果出していくんじゃないかなあって思いますよ。

参考記事

サラリーマンが会社にバレないで副業をするには

 

マーシン

先ほどの私が行ってた会社の社員さんたちなんかはアフィリエイトが本業で会社勤めが副業の押さえみたいになってますよね。(笑)

副業の方がちょっと長めの拘束時間ですけどね。

参考記事

サラリーマンに人気のオススメの副業はなに?

 

山ちゃん

サラリーマンだと副業禁止のところもありますけど、ネットビジネスのいいところは実名ださなくても出来ちゃうし、振込口座とかを親の名義とかにしておくとバレないでも出来ちゃうってこともあります。

だから実力のある人は勿体ないのでいろいろチャレンジしてみるといいかもしれませんよね。

カミィさんはどうですか。

 

流されたら危険。合わないと思ったら抜け出そう

 

カミィ

そう考えるとトータルでいうと3人の中では僕が一番サラリーマン生活が長いかもしれないですね。

サラリーマンの一番のメリットは、なにしろ毎月決まった金額を確実に得られるということでしたね。

まあ、ぶっちゃけ決まった時間勤めていて、上司が言ったことをやっていれば月々の給料をもらえるという意識があったので、ある意味僕なんかは不良社員だったかもしれませんね。^^;

その当時、会社に給料以上の価値をだせていたかというと微妙で、かなりショボイものだったと思いますしね。

その当時は、自分で何か提案して企画をやっていこうというよりは、とりあえず今日一日を無難に過ごしていこうみたいな感じになっていっちゃいましたね。

それなのに毎月給料は入ってくるとなると、ある種のぬるま湯につかったようになっていってましたね。

僕自身は、まさにそんな時期がありました。

だけどこのままだと自分はダメになっていってしまうという意識は常にありましたね。

当時は、そもそもサラリーマン的な環境が苦手でありながら必要に迫られてやっていた部分もあるので、若干ウツっぽくなった時もあるし、なんか段々と喜怒哀楽の感情もあまり感じなくなってしまった時もあるんですよ。

何を見ても感動を感じないし、意欲も出てこなくなった。

だからこのままじゃヤバイぞと思ってましたね…

だから今、ウツの人が多いというのもよくわかるし、この状態に置かれたらそりゃぁウツっぽくなっちゃうでしょと思うところはあります。

特にサラリーマンが合ってない人というのはなんとかした方がいいと思いますね。

だから、そういう人たちは副業でもアフィリエイトでもいいと思うんですけど、今から何かはじめていくということも大事なんではないかと自分の経験を通しても思いますね。

参考記事

サラリーマンが副業FXで超絶稼ぐ方法教えちゃうよ~

 

山ちゃん

本当そうですね。

だから僕はサラリーマンで頑張っている人たちって本当にすごいと思って尊敬しているんですよ。

だって数億円の収益を会社に貢献したって昇給とかってホント微々たる額だったりするじゃないですか。

あとは聞く話によれば、特別手当みたいなのが出た人がいたら誰かが、じゃあお祝いの飲み会やろうみたいになって結局支払いはその手当てをもらった人が持つみたいなこともあるらしいですよ。

 

カミィ

そうなんだよね~

僕なんかも当時は、飲み会とかは暗黙の了解的強制参加だったんで、こっちはあまり飲めないから酔っ払いもしないのに、周りの上司の酔っ払いの相手とかしなくちゃいけなかったりして、正直、なんで自分がこんな奴らの相手してなきゃなんないんだよとか思ってましたね。

しかも、そこではまた愚痴やら不平不満みたいな話になる。

するとしまいには自分もそっちの方に引っ張られていっちゃうんだよね。

だから本当に自分にあったところが見つかってそこに勤められればいいと思うけど、そうでない場合はちょっときついよね。

 

マーシン

うちは大田区だから小さな少人数の会社が多いんだけど、そういうところでこれからどんどん新しいことをやっていこうみたいな仲間意識でやっているようなところは面白いかもしれないけどね。

 

カミィ

そうだね。

「下町ロケット」みたいな感じだね。

 

山ちゃん

そうですね。

ただまあ現実には少ないかもしれませんけどね。

まあ、結論としては現状に満足している人はいいかもしれませんけど、何か現状を変えたいと思っている人は何か考えていった方がいいですよということですかね。

まあ、そういったコンテンツも僕らはどんどん提供していこうと思っています。

ということですかね。

それでは、今回は以上です。

ありがとうございました!

カミィ
ありがとうございました!
マーシン
ありがとうございました!

 

まとめ

 

・サラリーマンのメインの会社を副業的に考えるのもいいかもいれない

・今サラリーマンの人は忍耐力・継続力こういう能力を活用して起業していくのもいいかもしれない

・自分にあった会社を探そう。無かったら起業するのもあり!

 

この記事は音声でもお聴きいただけます!

*1日一回、応援よろしくね!*

考えるな!ポチっとするんだ!
(*・_・)σ @

にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村


社長ブログランキング

 


年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかる!(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<


この記事をシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です