カミィのプロフィール

上出真輝(通称 カミィ)
(株)イラクリオン 代表取締役

昭和の高度成長期に自営業の両親の長男として埼玉県に生まれる。

幼ない頃から、なにをするにもマイペース。一人で本を読んだり、空想したりするのが大好きな少年で、祖母が保育園の園長をやっていたことから、物心がついた頃には、一日中砂場で遊んでいて先生に呆れられたり、2歳にして、教室に置いてあった子供向けの絵本をすべて読み、4歳頃には、本好きの祖母の部屋にあった歴史書、哲学書、宗教書、文学書、40巻以上ある分厚い百科事典などを次々と読破し、その内容を諳んじたことで祖母や周囲の大人に「この子は神童かもしれない…!」と淡い期待をさせる。

楽しく充実していた幼少時代とは対照的に、小学校に上がると、たちまちその画一的な教育システムに馴染めなくなり、学校ではいつもソワソワと落ち着きがなく、先生から毎日のように注意される日々で、次第にクラスの落ちこぼれになり、心配した母親が病院で診察を受けた結果「注意欠陥多動症の疑いあり」と診断される。なぜか、周囲の人達や環境に、たとえようのない「違和感」と「孤独感」を感じ、きっと自分は、遠い宇宙の別の星からやってきた異星人なのではないか?と想像を膨らますようになる。その後、この宇宙はどうなっているのか?人はどこから来て、どこへ行くのか?という哲学的な悩みをもつようになる。
5年生の時、その特異な性格から、クラスの男子全員に2ヶ月以上にわたる「シカト(無視)」というイジメに遭い、初めて「死」を意識する。しかし、壮絶な苦しみの中、自らそのイジメに対抗する手段を発想し、その後わずか3日の間に、今まで無視していた男子全員が、自宅にひっきりなしに遊びに来て家の中に入りきらなくなるという人気者の状況にまでもっていくことに成功する。その時以来、イジメが全く怖くなくなる。

中学1年の時、情熱溢れる素晴らしい恩師に巡り会い、その先生に眠っていた才能を開花してもらう。この出会いをきっかけに、次第に自分に自信が持てるようになり、様々な物事に積極的に関わるようになっていく。

中学2年の時、押さえきれないエネルギーを持て余し、盗んだバイクで走り出す、まさに中二病を地でいくやんちゃな日々を過ごし、何度か警察のお世話になる。その頃、当時世間を賑わしていたシンセサイザーの音に衝撃を受け、いち早くアナログシンセの入門機を手に入れ、わけもわからず友人と音楽バンドを結成。へたくそながらも文化祭などのイベントで常連になる。あるきっかけからドラムに転向し、当然のように「Rock」に目覚める。地元県立高校へ進学後も、ドラマーとして数多くのバンドで活動をする。

高校卒業後大学に進学するも、その緩すぎる環境に嫌気が差し半年で中退(笑)、その後2年間フリーターをしながらドラムの師匠に師事し、21歳からプロミュージシャンとして活動を開始する。同時期に音楽院に入学、当時結成していたバンド活動を通して音楽事務所に所属し、主に裏方として、スタジオ録音やライブツアーで数々のアーティストとセッションを経験する。なぜか、関わりのある人がその後、次々とメジャーになることから、当時は「ミラクルボーイ」「シンデレラの魔法使い」などの異名をとり、某有名女性シンガーを世に送り出す。

 

10代の頃より、自身の様々な不思議体験をきっかけに、スピリチュアリズム、成功法則、自己啓発、黄金律、古神道や古代神秘学に興味をもち、多くの宗教書、専門書、文献を読み漁ることを通して、次第に思索型の性質を高めていく。同時に宗教やスピリチュアルがもたらすダークサイド、歴史的事象や戦争、数多くの事件や混乱も目の当たりにすることで、その功罪両面についても穿ちいり、古今東西のあらゆる聖典や仏典、神話や寓話をさらに深く探究することで、そこに流れている一本の黄金の糸ともいうべき「何か」を発見する旅を続ける。

またその一方で、同じく思春期を境にして、最先端といわれる量子力学、物理学、科学的発見や発明、科学技術などにも強烈な興味関心を抱き、古代のピタゴラス、アルキメデス、アリストテレスから、中世以降のガリレオ、ニュートン、近代のファラデー、マックスウェル、アインシュタイン、ニールス・ボーア、デビッド・ボーム、レイ・カーツウェルらの思考や歴史的発見・発明、功績に心躍らせるような両極端の面も併せ持ちながら青春時代を過ごす。

20代後半に結婚したのを契機にミュージシャンから転職し会社員として働くも、なかなかサラリーマン的な思考や生活に馴染めず、あらためて自分が通常の社会システムに適合性がないことを思い知る。

しかし幸運にも、ミュージシャン時代に音楽制作のために入手したアップルのマッキントッシュで初めてPCに触れ、また結婚当初に就職した会社では、当時黎明期だった汎用パソコンPC-9801に出会い、コンピューターオタクの上司を通じて、インターネット以前の「パソコン通信」を知り、はじめてパソコンとネットワークという未知の世界に触れ完全にハマり夢中になる。その流れでパソコン通信の掲示板で、今でいう「ネットオークション」の走りのような個人売買を始めるようになる。バーチャルなオンラインとリアルなオフラインの境界を行き来する中で、コンピューターとネットワークの可能性にワクワクと胸を躍らせる。

1995年、Windows95とインターネットの衝撃的な登場と共に、それまで蓄積してきた自身のスキルの存在感が一気に増し、あちこちで引く手数多になる。その知識や技術を元に、家業の福祉事業のIT化を手伝う傍ら、今後新しい価値や未来の産業を創出するためには、数多くの天才の力を集め、異種結合するマネジメント方法が必要であると認識し、共通言語の獲得のため、多種多様な分野の研究・思索活動を行う。

2004年に家業の一部の経営が不振となり、事業売却の折に自主退社したのをきっかけに、インターネットビジネスを開始。携帯着メロサイト、PCや携帯サイトを使用した広告業(アフィリエイト等)や、当時黎明期であった無在庫ネット通販(初期ドロップシッピング)で収入を得るようになる。

ちょうどこの頃、クライアントでもあった清掃会社の仲間と共に、まったく新しい掃除と環境整備の概念をコンセプトとしてブランド化し、プロデュースした「夢をかなえる『そうじ力』」が書籍として出版され、シリーズ累計300万部以上のベストセラーとなる。

2005年に一時在籍した会社では、Eコマース(ネットショップ事業)を担当し、健康器具や美容商品などをDMやオンラインで販売し、通販部門で年商1億円を突破する。2年後の2007年に自営業として独立し、情報コンテンツや教育コンテンツ制作、建築会社や清掃会社等のコンサル、企業や個人にWEBサイト構築やネットショップなどのEコマースを提案し、インターネットでの営業と販路拡大、プロモーションに貢献する。

パソコン通信~インターネットの黎明期から20年以上ずっと関わりを持ち続け、ネット世界の光も闇も表も裏も酸いも甘いもすべて見てきた生粋のネットネイティブである。

 

主な実績は

・プロのミュージシャンとして、多くの著名アーティストのレコーディング、セッションやツアーに参加

・携帯ランキングサイト運営と情報商材販売でネットビジネスに参画しノウハウを蓄積

・ガラケー全盛時代にいち早く着メロサイトを運営し、はじめて売上一千万円を突破する(その後 著作権の関係で閉鎖を余儀なくされる 笑)

・携帯(ガラケー)サイトアフィリエイトのノウハウ商材を販売して数千万の売上

・ネットショップ運営(建設資材、インテリア、健康器具、健康食品、ドロップシッピング等)で累計2億以上の売上に貢献

・掃除や断捨離ブームの火付け役である「そうじ力」シリーズ 累計300万部以上のベストセラー本をプロデュース
・出逢った人は、かなりの確率で本を出版し作家デビューする

・ビジネスとは対極のスピリチュアル・神秘学の分野でも30年の研究キャリアを持つ

 

2012年前後に人生最大の観念的崩壊(最愛の人を亡くす、人生や事業の抜本的転換等)を経験し、同時に意識の覚醒と進化を体感したことで、その後は今までの人生パズルのピースが次々と繋がりはじめ、それまで学んできた知識や経験、探究してきた古今東西の神話(特に古神道)に隠された叡智のエッセンスの中から独自のノウハウを凝縮し、人生やビジネスに応用する画期的な方法を体系化する。

現在、それを踏まえた上で、リアル(物理世界)とネット(情報空間)、現実世界とスピリチュアルの陰陽統合と階層性の視点を、お金、健康、人間関係など、ビジネスや実生活のあらゆる場面に活用する方法を構築し、その秘訣と実践方法をコンサルや自身のコミュニティを通してレクチャーすることで、多くの人が縛られている固定観念を良い意味で破壊し、物心共に自由自在の大地へと誘うべく「人類解放運動」を密かに仲間と共に進めている。