3人社長が実際にお金を稼いでみて変わったこと…それは○○でした!

お金を稼いでみて変わったこと

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料)

silentyoutube


【お金を稼いでみて変わったこと】

 

山ちゃん

こんにちは!山崎です。

今回のテーマは、お金を稼いでみて変わったことという話を3人でしていきたいと思います。

僕らは社長として事業をやっているわけですけど、今でこそ数百万、数千万というまとまったお金を手にしているわけですけど、最初からそうだったわけではなかったと思うんですよ。

最初は、0円だったり、借金だったかもしれませんが、その状態から数百万、数千万を手にしてみて変わったことを話していこうと思います。

 

お金を稼いで得たものは自信という無形資産だった

 

山ちゃん

今回は、僕からいきますね。

よくお金を稼ぐといい家に住むとか、タワーマンションに住むとか、外車乗るとか、美女を侍らせて高級ホテルに泊まる(笑)とか、いろいろ映画とか漫画ではありますけど、僕はもともとケチな家庭に育ったもので、お金使うなって言われてきたものですから、そういった意味では贅沢なことなどにはお金を使いませんでしたね。

ただ事業への投資にはお金を使うようになりましたね。
少人数の200万の講座に入ったり、それこそ数百万単位で事業への投資に使うようになりました。

生活自体は、ほとんど変わってないですね。
たまにちょっといいお店で美味しいものを食べると経費で落とせるしみたいな感じで、多少そういうことはありますが大きく生活が変わったということはないですね。

僕がお金を稼ぐようになって変わったことは「自信」ですね。
僕は、ほんとに自信がなかったんですよ。

自分は、失読症や対人恐怖症などですごいコンプレックス持っていたので、自分っていうのは情けない人間でみんなより何もできない人間だと思っていて、つい数年前まではほんとずっとそういう風に思っていたんですよ。

しかしお金を稼ぐということはかなりの社会的信用にもなりますし、お金をたった一人で稼ぐって100人に聞いても99人は凄いねっていうんですよ。

だからお金を稼ぐってすごい社会的信用なんですよ。
万人に聞いてなかなかなせることじゃないよということを成し遂げたということは、本当に大きな自信に繋がりましたね。

自分の考えが間違ってないというと語弊があるかもしれないですけど、これでよかったんだという自分がやったことで結果がでたということはすごい自信になりましたね。

今まで自分は大したことないし、社会に貢献できてるのかなあとか思っていましたけど、お金を稼げるようになってからはっきりものを言えるようになりましたし、それこそ自信を持って話すので、周りからも魅力的に見えたり意見を求められたりするようになったんですよ。

僕以前は相談されることがなかったんですよ。

でも今は、すごい相談されるようになったんですよ。(笑)

参考記事

世の中お金じゃないよ!とか言っている人はクソ嘘つき!いや、だってお金っしょ。

 

カミィ

いやぁ~、すごい頼りになるもんね、山ちゃんは!(一同 笑)

 

山ちゃん

ありがとうございます。(笑)

以前は、携帯もほとんど連絡来なかったですもん。

来るのはTSUTAYAのメールくらいでしたから。(笑)

今は、自信を持ってからはそういうところもホント変わりましたね。

マーシンさんはどうですか?

 

人生の中で人の本性が出る3つのパターン

 

マーシン

今の山ちゃんの話はいい方向で変わってったという話ですけど、よく言われるのが、人が変わるときというのは、お酒飲んだ時と、車運転した時と、お金を持った時3つのパターンがあるって言われているんですよ。

ある種、その人の本性というか本質的なところが出てくると言われているんですよね。
そういった意味でいうと、私はあんまり変わんなかったなと思うんです。

お酒飲んでもあんまり変わんないし、車乗るとたまにイラっとはするけどそれほど変わらない、お金を稼げるようになってもそんなに変わんなかったなと思うんです。

まあ、あえて言うなら寿司屋さん入っても、昔はイカと玉子かなんか食べていたのが、大トロ二皿くらい食べてみようかとか、そういう変化は起こってきますけど、じゃあそういうところを追求するかというと一通り体験すればまあいいかとなってきますよね。

だから生活自体は、私もほとんど変わらないですね。

そういった意味では私も内部的な変化の方が大きかったでしょうね。

やはり世の中に対し何らかの貢献をすることで報酬を得るということは、世の中に認められているということでもあるし、一つの仕事でうまくいくようになると、その後応用性がでてくるじゃないですか。するとやはり自分自身に自信が持てるようになってくるので、今後何かあっても自分が自分でいる限り大丈夫だろうみたいな、何ともいえない自信のようなものが出てきましたね。

あとは、さっきの山ちゃんの話にもあったように、他人が自分の話をよく聞いてくれるようになりましたね。

若い頃でまだ実績がないころは、何か言っても「この若造が」みたいに言われることが、実績を出せるようになってからは、同じこと話してるのに今度は相手が真剣にメモとっちゃったりね。(笑)

だから自分の世界観を広げていったり、事業を遂行していくスピードは早まっていくでしょうね。

そういった意味では確実に影響力が増してくるので、その分自分自身に公共性がでてくるので、それなりに自分に規制をかけていくことも大事かなとも思いますね。

まあ、冒頭に言いましたように、お酒飲んだ時、車運転した時、お金を稼げるようになった時に、自分があんまり変わらなかったことが個人的には嬉しかったなと思ってます。

というのは、お金持ってから変わっちゃった人を結構見てるんでね。^^;

だから自分は、この本質でいけるんだというのがちょっと嬉しかったことですかね。(笑)

参考記事

お金に偏見を持つとお金が去っていく

 

山ちゃん

そうですか。

ちょっと話ずれちゃうかもしれませんが、僕はお酒飲んで変わる人って、ちょっとヤバイなと思ってるんです。これは普段からかなり抑圧やストレスが強いと思うんですよ。

だから飲んだ時に開放されちゃってそうなっちゃうんだと思うんです。

僕の知り合いの起業家では、お酒飲んで変わる人ほとんどいないんですよ。
少々テンション高くなるとか、いい意味での変わり方はありますけど。
すげえ泣いちゃったりとか怒ったりとかっていう人はいないですね。

もしかしたらサラリーマンとか、そういう方々の方が変わるタイプは多いかもしれないですね。

 

カミィ

まぁね~、抑圧されてる人が多いかもしれないからね。

そういえば、僕はここ何年もそういう酒癖の悪い人には出くわしたことがないね。

なぜかというと、そういう人とは一切付き合わないから。(笑)

こうやって、自分がイヤな人とは付き合わなくてもイイっていうのが自由な起業家の特権みたいなものだよね。

普段付き合うのは、上手くいってる起業家の人たちか、ヤル気と可能性に溢れた若者たちばかりだもんね!

ほんと上手くいっている起業家の人はお酒飲んで変わっちゃうような人は全然いないよね~

僕なんかあんまりお酒飲めないけど、彼らは飲めない人への配慮もすごくできてるし、そういう気配りがめっちゃできる人達なんだよね。

優秀な起業家はそもそも偏見で人や物事を判断しないし、幅広い知識と多様なモノの見方ができていて、基本的に「自分には厳しいけど人には寛容」っていう人が多いから、ホント一緒にいて楽しいし、学びになる。

昔は「貴様~~俺の酒が飲めねえのかー!!」っていうヤツけっこういたんだよね…^^;

今思うと、そういうヤツって、どこ行ってもほんとクソだったな。(笑)

 

山ちゃん

そうですね〜。

では、カミィさんはお金を稼いで変わったことはどうですか?

 

何があっても自分は大丈夫という絶対的自信

 

カミィ

たぶんこの3人って、お金あっても無くても、あんまり変わんない人たちなんじゃないかって思うね。(笑)

一見ユルくてフザケているように見えるけど、それぞれがかなり肚据わってるっていうか、静かに熱いというか、軸がしっかりしてるもんね。

まあ、僕もお酒あんまり飲めないんで、お酒飲んで変わるということがほぼないし、以前抑圧されていた会社員時代は130kmオーバーで一発免停とか食らったりしてましたけど(笑) 今は車運転しても安全運転だし、ゴールド免許だし!

お金稼げるようになっても、僕とマーシンで外行ったら、いまだにサイゼリヤだしね。(笑)

いやホント、サイゼリヤの290円ドリアを食べながら「いやあ、うめぇ~、これマジ、コスパ高くね?」なんて言いながらやってますからね。

まあ、当然廻らない寿司屋とか行ってみたりしますけど、それほどそこにパッションを持っていない感じですね。

今までお金をたくさん稼ぐ時も経験しているし、収入ゼロでカツカツという時期も経験しているけど、自分の中で何がスゴイかというと、まあ何が起きても、どうなったとしても自分は大丈夫だ!という自分でいれることがすごいなと思っているんですよ。

今の時代、一時期運良く稼げていても、将来も同じように稼げるかは全然わからないですよ。

たとえ現時点で遺産や相続で何億円とか持ってても、それって使ったらなくなっちゃうし、今は銀行に預けても金利なんてほとんど付かないし、その銀行自体が破綻したら1000万しか補償されないし、仮に戦争などで世界情勢や社会の状況が一変すれば、もしかしたらあっという間に紙幣としてのお金の価値がなくなるかもしれないし、日本だって過去に2回そういうことが実際に起きてますからね。今流行りの仮想通貨だって、高度なハッキングによって誰かに突然盗まれるリスクや心配もある。

そして、稼げる人は稼げる人で、稼いだお金がなくなったらどうしよう…と思って生きるのも、結構辛いと思うんですよ。

だけど自分は、たとえ無一文になっても「ならばよし」で、またゼロから、その時々で一番最適な方法でやっていけばいいや、と思える自信があることが、ホントにすごいことだと思うんです。

賢明な女性はぜひ、こういう適者生存能力の高い男をゲットするべきだと思いますよ。

あとは、僕は知的好奇心や探究心を満たしたいタイプなので、お金があればあるほど様々な知識や情報に直接触れることもできるし、面白そうな場所があればそういうところにも出向けるし、会いたい人がいれば会うチャンスもお金があるとやりやすいということもあると思うんです。

今はあんまり物欲がないので、自己投資というか、自己満足というか(笑)そういう事にお金をかけていきたいですね。

参考記事

どんなことがあっても動じない姿勢が起業家の実力

 

山ちゃん

今、3人の話聞いていて、いい車乗ったり、美味しいもの食べない方がいいのかなって思う人がいるかもしれませんが、そういうことではないですからね。(笑)

稼げたら、まずは欲を解放させて、どんどん体験してくださいね!

ぼくらもそういうの、一通りやってきたんで(笑)

でも、やるだけやってみると、意外と「ああ、こんなもんか・・・」みたいなこともあったりして、その後は自分の本当にやりたいことが見えてきたりするんですよ。

 

マーシン

だから体験してみるといいよね!

よくいうけど、大人になるまで体験していなくて、大人になってから急に変なことにハマっちゃう人とかいるじゃない。

だから体験しとくのっていいんだよね。

実際に体験してみると、自分はそれほどそれを追求するタイプじゃないんだってわかるしね。

 

山ちゃん

僕も結構高級なお店とかで、フルコースで5万とかの店とかも行ってみたりしましたけど、そうすると、さっきのサイゼイリヤの美味さが際立ちますね。(笑)

この値段でこの美味さかぁ~みたいに。
あらためてチェーン店の凄さを知ったみたいな感じです。
あんな安価であの味をだせるんだって。

僕は以前は高いものが美味しいものだって勘違いしていたんですけど、世界観なんだなって思いましたね。

接客の人の雰囲気だったり、料理の説明だったり、そういうところを楽しむところなんだなってわかったんです。金額が高いから美味しいわけではないっていうのがわかったのが面白かったなと思うんですよ。

 

マーシン

私も意外と「食」って好きなんで、いろんなところで食べましたけど、最終的には自分の地元が一番うまいなっていうところに落ち着きましたね。(笑)

私の中の世界的レベルで地元のラーメンとカレーが一番うまいなと。(笑)

参考記事

もしも僕ら社長3人が飲食店オーナーだったら?

 

カミィ

あとは、なんだかんだ言って、誰かが自分のために作ってくれる料理が一番美味いんだよね~

ある意味そういう人がいてくれている人の方が、より豊かなのかもしれないよね。

 

あと、これはぜひ知っといてもらいたいんだけど、いかにもお金をもっていそうな人は実はお金をたいして持ってなくて、一見普通そうな人の中に本当のお金持ちが多いってこと。

まあ最近の若い起業家の人たちはシッカリとした考えをもった人が多いのですごいな~と感心してますけど、一昔前はちょっとウマくいくとすぐにガハハ成金みたいになって派手な生活をする人が多かったんだよね。今はこういう人はだんだん消えていってるように思うけど。というか、むしろそういう人には気を付けてくださいね。なにか意図があってそういうことをしてる場合が多いですから。(笑)

世の中の変に偏った情報に惑わされて、まるで芸能人みたいに、お金持ちはこんな豪華で贅沢な生活で、悠悠自適で・・・というような、いかにもなステレオタイプ情報には気を付けて欲しいんですよ。

本当のお金持ちは、意外とみんな普段は質素な生活をしてるもので、感情に流されず投資消費の区別を冷静に判断しながら、お金を使うところと使わないところがハッキリと明確化、目的化されていて、それをストイックにキチンと守っている人が多いです。

よく宝くじで何億円か当てた人を追跡調査してみると、だいたい数年以内に破産してたり、それ以前より悪い生活になっていたりするという話を聞いたことがあるかもしれないけど、実際はそういうもので、お金持ちは、そもそものお金に対する態度が根本的に違っているということなんですよ。

自分をギラギラと派手に見せているような成金はしょせん成金なので、その時にたまたま時流に乗って商売が上手くいっただけの話で、それを10年以上維持できることはなかなかありませんよ。

試しによく観察してみてほしいんだけど、10~20年以上事業を継続している人で、ギラギラしている人ってほとんどいないでしょ?

短期的にお金持ちになること自体はそんなに難しくないけど、お金持ちで居続けることは本当に難しいんですよ。

この辺は、ホント見た目の派手さに騙されてしまわないように気をつけてくださいね!

参考記事

億万長者も夢じゃない!お金持ちに共通する小さな習慣と意外な行動原則を暴露します!

 

お金を稼げるようになって得た最大のものは「無形資産」

 

マーシン

まあ、今日の話でいうと、稼げるようになって、目にみえることでこういういいことがありましたっていうのも大事だと思うんだけど、ある意味無形資産というか、3人とも目に見えない自信とか誇りとか、そういうところで得たものの方が大きかったんじゃないかなって思うよね。

 

山ちゃん

結局、お金は使えばなくなるけれど、自信とかは無形資産ですから永遠に残るし、誰にも奪われないですからね。

 

カミィ

何が起きてもオレは大丈夫だって思えちゃう自信って、特にこれからの時代、メッチャ強いんじゃないかなって思うんだけどね。

 

山ちゃん

そうですね。

それは僕でいうと、ビジネスでいうと「原理原則」だったという驚きですね。

インターネットで稼げる売れる物とかキーワードではなく原理原則だったっていうところですかね。

まあ、今回はそんな感じで、稼いでみて変わったことについて話してみました。

参考にしていただければと思います。ありがとうございました。

 

カミィ

ありがとうございました!

 

マーシン

ありがとうございました!

 

まとめ

 

・お金を稼げるようになって圧倒的に自信を得た

・他人から意見を求められるようになった

・お金を得ても本性は変わらなかった

・何があっても自分は大丈夫だという絶対的自信を得た

 

 

*1日一回、応援よろしくね!*

考えるな!ポチっとするんだ!
(*・_・)σ @

にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村


社長ブログランキング

 


年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかる!(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<


この記事をシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です