不労所得ライフをはじめよう!塵も積もれば億万長者!

不労所得ライフをはじめよう!

【不労所得が欲しい!副業から始める不労所得ライフ!!】

 

マーシン

こんにちは、マーシンです!

「もしあなたが会社にも行かず、働かないでも毎月生活するのに十分なお金が入ってきたらどうしますか?」

世界中のまだ見たこともない場所に旅行にも行けますし、自分の好きな事や趣味を楽しみながら遊んで暮らすことも出来ます。

大切な家族や恋人とゆっくりとした時間を有意義に過ごしたり、ビジネスが好きな人は、さらに巨万の富を目指してどんどん仕事をするのも自由です。

でもまあ「不労所得なんて、世の中そんなに甘くないよ~!」と言う人もいるかと思いますが、実際にそのような暮らしをしている人がいることも事実ですよね。

そうなんです!

現実に、働かなくても毎月お金が入ってきている人、つまり不労所得を得ている人はたくさんいるんです。

世の中をよーく目を凝らしてみると意外と身近なところにも実はたくさんいるんですよ。

「不労所得を得ている人は少ない = 難しい」と考えるのは確かに間違いではありませんが、

不労所得はどんな仕組みなのか。
どうしたら不労所得を得ることが出来るのか。
不労所得を構築する方法はどれくらいあるのか。

多くの人が普段このようなことを考えていないというのも事実だと思います。

「お金は労働して稼ぐものだ!」という人もいるでしょう。

もちろん、日々額に汗を流し精を出して勤労し、糧を得ていくという生き方そのものはとても尊いことだと思いますので、労働収入を否定したり、蔑ろにするわけではありません。

ただ、「収入を得るには労働をしなくてはならない」という考えだけに縛られていたら、自分が何かの理由(病気やケガなど)で働けなくなったり、働いている会社が倒産したり、大きな社会的な変化が訪れて労働環境が一変した場合に、愛する家族や子供たちを守っていくことができるでしょうか?

そのような時にも困らないよう、今元気に働けているうちに、複数の収入源を確保しておくことはとても大切なことではないでしょうか。

 

・・・ということで、

今回は不労所得を得られる方法をまとめてみました。

興味ある人は是非参考にしてみて下さいね!

 

不労所得を得られるあの手この手

 

不労所得とは、労働する必要が無い所得で、働かなくても貰うことができる収入のことを言います。

不労所得の種類は多数ありますが、おおまかに参考にしていただくと下記のようなものになります。

・印税
・銀行預金の利息、利子
・不動産の賃料収入
・不動産の売却益
・生活保護受給
・児童手当
・宝くじ
・保険給付金
・国民・厚生・共済年金等
・株
・FX
・アフィリエイト
・スマホのアプリ
・同人ゲーム
・ユーチューバー
・ラインスタンプ制作
・コンテンツビジネス

上記の中でも有名なのは書籍を出版して得られる印税、不動産収入、株式投資、最近ではインターネットを使ったアフィリエイト、コンテンツビジネスなど… となります。

不労所得を得る方法でも、簡単に始めれる部類と資金が必要な部類とに種類が別れるため、それぞれ個人のニーズと現状に合わせた不労所得を得る方法に分別されます。

昔は、アパート経営や不動産などの現物を持っている人のみが不労所得で稼げるというイメージがありましたが、最近では、インターネットの発達から、サラリーマン、学生、主婦層などもネットを使った不労所得の構築方法が人気が出てきているようです。

 

不労所得の作り方 その1

 

不労所得の作り方は、上記でも説明したように誰でも出来るような部類と、ある程度資金がいる部類とに分別されます。

比較的簡単なものは、インターネットを使ってサラリーマンや主婦が副業で行っているようです。

簡単な部類は下記のようなものになります。

 

アフィリエイトでの不労所得

アフィリエイトというのはホームページやメールマガジンなどで企業や商品を紹介し、そこから会員登録したり商品を購入したりすると、主催者に不労所得が支払われる仕組みです。

そのため、ブログやサイトを持っていれば簡単に始めることが出来るというものでもあり、手軽さはナンバー1です。

主婦層の人たちに特に人気で、家事の合間にブログを更新したりなど、空いた時間に始めることができるというものです。

月に3万~5万などの小遣い稼ぎから、本格的なサイトアフィリエイトなどで稼いでいる人では月に100万~300万円という金額をほぼ不労所得で得ている人もいるようです。

さて、そのアフィリエイトの中でも、サイトもいらずブログもいらない。

1日ほんの数分から15分の隙間時間で誰でも簡単に稼げるのがYoutubeアフィリエイトです。

これは3人社長の一人、山ちゃんが得意とするもので、多くのサラリーマンや主婦の不労所得づくりに貢献しています。

毎月3万円のお小遣いレベルから毎月50万以上の高収入の不労所得システムも構築可能の無料講座!!

興味がある人は、こちら ↓↓↓
http://tirimotumoruzo.com/silentyoutubernew.html

 

株式投資やFXでの不労所得

株式配当やFXの不労所得の作り方はアフィリエイトより気軽さでは劣ります。
儲けはその株にどれだけ投資を出来るかによりますが、小さい金額から始める人も多いようです。

FXは実際に自分がトレードを行うので、完全な不労所得とは言い難いですが、レバレッジをかけることができるので、コツを掴めば時間帯効果は高いです。

特にサラリーマンなどがお給料以外で稼げる手軽な方法として、株式を買う人が多いようです。

自社株を買わされるということも企業によってはあるようです。
円高や円安、資金によって不労所得の差が出てきますが小さい資金からも始めれます。

しかし、いったいどの株を買えば実際に儲かるのか?

この肝心なことが素人にはわかりません。
そのため自分で投資するにはしっかりとした勉強が必要になります。

もっと手軽に小資金で株で収益を上げたいという人は投資ファンドに投資するという手もあります。

日本の投資ファンドの老舗である「さわかみ投信 株式会社」は日本株にこだわってファンドを構成した長期ファンドです。

このファンドは「一般家庭の財産づくりを本格的な長期ファンドでお手伝いさせていただく」という理念で始まったファンドで、毎月1万円くらいからコツコツ積み立てていけるので誰でも気軽に参加できるものになっています。

興味のある人は、こちら ↓↓↓
さわかみ投信 https://www.sawakami.co.jp/

 

不労所得の作り方 その2

 

不動産による不労所得

初期資金が必要とされる不労所得の作り方では、不動産関連があげられます。

自分でアパートやマンションを持って、それを人や企業に貸して収益を得たり、持っている土地を売り買いする土地売買などです。

これらは土地を持つことが最低条件となるため、初期の投資はかなり大きな金額になります。
地主さんなど元々土地を持っている人には人気の不労所得を得る方法となっています。

中には、サラリーマンの傍ら、マンションなどのワンルームの部屋を銀行からの融資で買い上げ、毎月の返済額より少し多めの家賃で他人に貸すことで利ざやを得ている人もいます。

この方法であれば実際の自分の資金を使わずに不労所得を得ることができます。

ただし、アパートやワンルームマンションの所有や管理は、よほど都会の便が良い場所でないと借り手が見つからずに採算が合わず赤字化する可能性もありますので、不動産投資に詳しい専門家によく話を聞きながらリスクヘッジをしながら自己責任でおこなってください。

 

不労所得の作り方 その3

 

宝くじによる不労所得

努力や才能が必要ない不労所得というのもありそうです。

ドリームジャンボ宝くじの前後賞7億円、BIGの6億円、ロト7の最大8億円など超高額の宝くじです。

誰もが一度は夢見て、当たったら何に使うかなあ~とニヤニヤしたことがあるのではないでしょうか。

どんな状況の人でも一夜にして一番手っ取り早く億万長者になれるのが宝くじです。

理由は、超他力本願とも言える運の要素があれば、例え一枚だけ買ったとしても当たる可能性があるからです。

もちろん買わなくては当たらないので、確率論でいえば資金量があればあるほど当たる確率は高くなるともいえます。

ですが・・・

年末ジャンボの1等に当たる確率は1000万分の1だそうです。

302356

この確率、雷が人間に直撃して死ぬのと同じくらいの確率だそうです。^^;

まあでも、宝くじの場合は、勉強とかそういった努力を一切しなくてもよいので、特に高齢者に人気があるようですね。

 

印税による不労所得

誰もが憧れる印税生活をするには、まず本を書かなければなりません。

小説であれば、一般人でも芥川賞などをとれる可能性もあります。

正賞として懐中時計(金額にして230万円前後)、副賞として100万円が授与され、そして出版が約束されます。

お笑いコンビ麒麟の田村氏は『ホームレス中学生』(1365円)を、2ヶ月で110万冊売り、約6%の9000万円の印税収入を得たそうです。

あくまでも本だけの利益なので、ドラマや映画の利益を合わせると楽に1億は稼ぐことが可能です。

もう一人お笑い芸人のピース又吉さんの「火花」も約8000万円以上入る計算ですが、すべて本人に入るわけではなく、事務所と又吉の折版になるので、手元に入ってくるのは4000万円ほどらしいですが、それでもドラマや映画でブレイクすればさらにお金が入ってくるので、まさに一発当たると大きいのが小説作家です。

私の作家の友人は、一般書を30冊以上出版しているので、それぞれ印税額は多くなくても、冊数で集まると年間けっこうな金額になるようです。

一度書いて出版が完了するとずーっとですからね。

今の時代は、昔に比べて多くの人が出版できる状況になりました。
その分、本は売れない時代になりましたが、チャンスは増えました。

文章を書くのが好きな人はチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

 

コンテンツビジネスと仕組み化による不労所得

自分の持っている専門知識や情報、習得技術などをコンテンツ化し、それをインターネットで提供してお金をもらう、いわゆるコンテンツビジネスです。

これは、やや難易度が高くなりますが、提供するコンテンツの質が高く、それをネットを通して多くの人に広告して集客し、それを自動化(仕組み化)することができれば、かなり長期にわたって不労所得を得られる優れた方法です。

確かに構築するまでには、一定の労力と時間がかかり大変な面もありますが、一度仕組みを作り上げてしまえば、あとは定期的なメンテナンスとブラッシュアップをするだけで、不労所得にちかい収入を得ることができるようになります。

その過程で、顧客リストも手に入るように導線を構築しておけば、自分の得意な事や好きな事を仕事にしながら、お客さんとの良い関係を深めて、より自由度と幸福度の高いビジネス展開をすることが可能です。

 

不労所得まとめ

不労所得と一言でいっても、お小遣い程度からサラリーマンの年収を上回るような高額までいろいろあります。

また、資金がないと始まらないものもある反面、現在は少額から、またはほぼ資金なしでできるものも多数あります。

自分の理想的生活を実現するために、自身の性格や資質に合った不労所得獲得法を探して、これは!というものがあったら、ぜひはじめてみるのがよいでしょう。

重要なことは、月にどんなに小さくてもお金が入ってくる仕組みをつくることができたら、大いなる成功の第一歩です。

それがあなたの不労所得ライフのはじまりになるからです!

 

 

*1日一回、応援よろしくね!*

考えるな!ポチっとするんだ!
(*・_・)σ @

にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村


社長ブログランキング

 

この記事をシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です