もし僕ら社長3人がゼロからビジネスを始めるなら…寄生虫にだって喜んでなりまっせ~

人脈ゼロで無一文からビジネスをやるとしたら

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料)

silentyoutube


【人脈ゼロで無一文からビジネスをやるとしたら】

 

山ちゃん

こんにちは!山崎です。

今日のテーマは、まあ今3人ともそれぞれビジネスをやっているわけですけど、もしもそれが崩壊してしまって、さらに人脈もなくなり、お金も無一文になってしまったらどんなビジネスをやるか?

というテーマで話してみたいと思います。

 

ネットビジネスは、元手ほぼ無し、在庫なしでできる手堅いビジネス

 

山ちゃん

では、僕からいきますね。

僕の場合は、あんまり変わらないかもしれないんですけど、やっぱりネットビジネスを始めると思います。

これは、ノートパソコン一台あってインターネットが繋がる環境があればいいので、とりあえず実家に行ってちょっと住まわせてもらって、そこで一からまた始めるという感じですね。

まあ、ですから今と変わらないですね。それほど人脈も必要ないですし、特に困らないですね。

ということもあって、僕は多くの人にインターネットを使ったビジネスを提唱しているということもあります。

アフィリエイトであれば、在庫を持たずに他人の製品を売って半分くらいの収益が入ってきますし、またサイトを作り直してもいいですし、それでもドメイン代とサーバー代で1万円かかんないですしね。

それこそ、最初だけ消費者金融で50万くらい借りてもいいですよね。

それでちょっとずつ返すみたいな。それで儲かったらバーンと一気に返しちゃえばいいので。

ですから人脈ゼロ無一文になっても何も困らないですね。

今まで培ってきた知識とノウハウがありますからね。
それはインターネットを使ったビジネスということです。

気になる方は、僕の個人サイトをご覧くださいね。(笑)

参考サイト

【元対人恐怖症・失読症の社会不適合者の山崎はビジネスで人生を180°変えました】

ではマーシンさんはどうですか?

 

大きな鮫に便乗するコバンザメ戦略とは?

 

マーシン

いやあ、今聞いていてネットビジネスはいいなぁと思った。(笑)

そう考えると、山ちゃんやカミィは、すごい武器持ってんなぁ~と思いましたよ。

私なんかはリアルでずっとやってきたから、今からネットビジネスを作り上げようと思ったら大変そうだなあって思っちゃうわけですよ。

そんな私が、人脈もなく無一文だったら、まず考えるのは寄生虫ビジネスですかね。

まあ、寄生虫が聞こえが悪かったら「コバンザメ商法」ですね。

まあコバンザメっていうのは大きな鮫にくっついて泳いでいて何か食べてるじゃないですか。

そういうスタイルでビジネスを始めますね。

まずは【いい鮫】を探しますね。(笑)

鮫というのは今実際に仕事がまわっている会社ですね。

そういうところをまず見つけて何か困っている事はないかなと観察しますね。

そして、社長をつかまえてこう言います。
「社長、おたくの会社こういうこと困ってないですか?」

すると社長は「よくわかったね。困ってるんだよねえ」って言ったら、すかさず「それ私だったらなんとか解決できるかもよ」って言って交渉します。

まあ見方によってはコンサルタント業みたいなものかもしれないけど、そう感じさせないでやるのがポイント。

あたかも会社の一員みたいなポジションでやることで、月の収益をなるべく多めにいただくという感じにする。

これでとりあえず無一文から少し脱却できるので、そこからさらに他にも困っている会社ないかなって次のターゲットを探していく。

まあ、ある意味ヒモビジネスとも言えるかもしれませんね。

まあ、仕事がまわっているということはお金もまわっているので、そこから私一人分くらいなんとかなるでしょみたいな発想です。

ちょっとセコイ?(笑)

参考記事

うまくいっている人をパクることから始める

 

パラサイトビジネスは、ライバルなしの一人勝ちビジネス

 

山ちゃん

いや、寄生虫ビジネスを僕はパラサイトビジネスって言ってるんですけど、それ実際にインターネットでもあるし、非常に有効ですよ。

たとえば化粧品の商品をアフィリエイトとかで扱っている場合って、結構ライバル多いんですよ。

みんな同じようにやっていますのでね。

だけど大手の化粧品の商品ってアフィリエイトでは売ってないので、ライバルがいないんですよ。

ですので大手の商品をレビューするんです。レビューはするけど、最後にこっちの商品の方がいいよってアフィリエイトの方の商品を勧めるんです。

このように最初は大手の商品から入って、だけどこっちの商品の方がいいよ…というと、文章が上手かったりするとすんなり買われていくのでこれもパラサイトビジネスです。

いわゆるネームバリュー強くて検索ボリューム強いほうから引っ張ってくる戦略があるんですけど、ですからネットとかオフラインとか関係ないなっていうのをマーシンさんの話を聞いていて思いましたね。

カミィさんはどうですか?

 

極端な話、スマホ一台でも可能!

 

カミィ

僕もいろいろなくなっちゃった場合、知識が消えてないんだったらネットビジネスからやっていくだろうなと思うね。

これが一番最初の元手が少なく、自分の知識とスキルを最大限に活かすと考えると、リスクが少なくてめっちゃ手堅い。

まあ、この年齢で実家に行くっていうのはなんなので、その時はむしろ自分の子供に寄生するかな。(笑)

仮にパソコンすら無かったとしたら、なんとかスマホ一台あれば、スマホに入ってるアプリのどれかを組み合わせて使って何かを始めると思いますね。

まあどんな状況であっても、今の時代はネットを活かさないでビジネスするのって、火縄銃とマシンガンほどの差があるから、やっぱりネットビジネスがレバレッジが効いて強いかな~って感じだよね。

 

山ちゃん

そうですね。

やっぱり総合的にネットに軍配があがるんですよね。

リアルビジネスは、どうしても時間と初期投資がかかりすぎるので。

 

カミィ

 

いやでも、マーシンのやり方とかは結構ハードル高いよね。(笑)

意外とそれは、オレはできねえわって感じだもん。

企業に行って交渉してとかは、普通の人はちょっとできないよ。(笑)

 

マーシン

いやこれ、もしもって話で言ってるけど、実際に私やった話だからね。(笑)

売上げ低い時なんか、もうちょっと何とかならないかなって時に実際に似たようなことやってるんだよね。(笑)

 

山ちゃん

まあ、力ある人はそれもいいですよね。

あとは僕の持論で、能力ない人は勉強すれば補えると思ってるんですよ。

図書館いけばビジネスの本は無料で何冊でも借りれますしね。

 

参考記事

儲けている起業家の勉強法を暴露します!

 

カミィ

あー、知識は力だなって、ほんと思うよね。

まあ何をするにしても、知識を身に着けていくのは必須かな。

だから、ゼロからってなるとネットビジネスが手堅いかなあって思うね。

 

まずは自己アフィリエイトで資金をつくろう

 

山ちゃん

そうですよね。

自己アフィリエイトなんかやれば10万くらいは作れますしね。
詳しくは、検索していただいたりとか僕のサイト見てもらえれば書いてあるのでちょっと調べてみていただきたいと思います。

 

参考記事

アフィリエイトでの不労所得

 

カミィ

僕も昔は、結構自己アフィリで元手にしたことあるしね。

保険とかクレジットカードとかのでね。

だからインターネットがなくなったら話は別だけど、それはほぼあり得ないだろうしね。

 

山ちゃん

そういう話もよく出るんですけど、インターネットなくなったら僕ら規模の話じゃなくなりますし、銀行や様々な企業に影響がありますからね。

アマゾンとか楽天なんかなくなっちゃいますからね。

 

カミィ

むしろもっといいものが出てくるという方が可能性としては高いよね。

 

山ちゃん

そうですよね、上位概念のものがでてくるでしょうね。

 

適者生存能力を高めることがモテる男の条件

 

カミィ

新しいものが出てきたら、またそれにいち早く乗っかっていけばいいという話だよね!

社会進化論の世界でよく言われる「強い者が生き延びたのではない。変化に適応したものが生き延びたのだ。(適者生存)」という言葉があるけど・・・

僕らみたいなタイプにとっては、変化は常にチャンスみたいなもんだからね。

そう考えると、僕らって適者生存能力めっちゃ高くない?(笑)

 

山ちゃん

ですよね~(笑)

まあ、すべて無くなっても、セールス力と喋る上手さ(書く上手さ)とかあればぜんぜんいけると思うんですよ。

 

カミィ

そうだよね。

だからマーシンのように交渉力とかあれば全然いけちゃうよね。

たとえ、焼け野原や瓦礫の中からでも、そこらへんのおじちゃんやおばちゃんつかまえて何かやりそうだよね。(笑)

でも、これからの時代は、これくらいの逞しさと強かさが必要になってくると思う。

 

山ちゃん

僕もやろうと思えばできるんで、そこが一番強いですよね。

結局インターネットってレバレッジが効くツールなんで、本質はオフラインとあんまり変わらないと思うんです。

 

カミィ

ネット、ネットって言ってるけど、実はここで必要な知識やスキルはリアルビジネスでも十分通用するものなんだよね。ようはネットを使ったほうが効率が良くてレバレッジが効くというだけの話なので、僕らがネットしかできないのかといえば、そんなこともないよ、念のため(笑)

ただ、個人でやるには、あまりにも効率が悪いからやらないだけでね。

そして、どんなビジネスをやるにしても、結局はコピーライティング力だったり、交渉力だったり、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)だったりとか、この辺のところに集約されるよね。

このスキルは、時代が変わっても、環境が変わっても、方法論が変わっても、いつでもどこでも使えるめっちゃ便利なもの!

ダンジョン攻略でいえば、かなりの上級スキルになるものだよね。

だから日頃から、こういったスキルを磨いておくことは大事だよね。

たとえば、自分のYOUTUBEチャンネルを作ってみるとか。

ブログを書いてみるとか。

こういう自分のメディアを持っておくか、その作り方や集客方法などの知識を持ってると、その後の展開もスムーズに行くことができるよね。

 

あと、めっちゃ重要なポイントを話すとすれば、これは気づいている人は気づいていることだけど…

世の中は、すでに「物理空間」から「情報空間」という、ある意味一つ抽象度の上がった世界に移行しつつあるということ。

なので、ここに求められるのは、物理的な力よりも、情報的な力なんだよね。

原始時代から近現代にかけては、物理的な力を持つことが覇権を握る方法だったけど、今後は情報的力(情報をコントロールする力)を持つ者が、実質的な覇権を握っていく時代になっていくということ。

まあ本質論を言っちゃうと、昔の戦国時代でも、近代の世界大戦でも、情報の価値を知ってるヤツが確実に有利に戦いを進めていたことは事実なんだけどね、今後はそれがより一層直接的に顕著に現れてくるってことです。

ようするに身近な人間としての例で言えば、物理的な土地や物やお金を持っていたり、肉体的な力が強いということよりも、頭脳(情報リテラシー)と柔軟なハート(変化対応力)と折れないメンタル(胆力)を持つ男が、生存能力が高くて一番モテるようになるということだよね。

カンの良い聡明な女性は本能的にもう気づき始めてるから、男性はいち早くこの能力を身に着けていくべきだと思うよ。

そうすれば、絶対モテるようになるよ~(笑)

 

参考記事

お金持ちになれる人は「恐怖に負けずに行動する」

 

マーシン

今回のテーマは、無一文からビジネスをやるとしたらって話だけど、普通の人はそもそもビジネスやろうという発想がないことの方が多いんで、発想が画一的で一直線なんだよね。

どこかで働かなきゃとか、雇ってもらわなきゃっていう発想なんですよ。

だけど、ビジネスやろうと思っている人が、人脈ゼロ無一文だったら必死になるんだよね。

自分事になるから、必死になると発想が湧くんだよね。

しかも人が思ってもみなかった発想が湧いたりするんで、だから隙間に入りこめちゃったりするんだよね。

 

カミィ

 

結局、やることはさっきマーシンが言ったように「困り事に応える」なんだよね。

だからビジネスの本質は、ネット使おうがリアルだろうが変わんないのかなって感じだよね。

 

山ちゃん

まあ、まとめてみるとコバンザメ戦略か、インターネットを使うかってとこですかね。

無一文だったら自己アフィリエイトとかでお金を作りましょうという感じですね。

まあ、借りるっていう手もありますが、借りるためにも交渉術が必要。

あとは勉強と知識

本も買えない人は図書館行ってビジネスの本を借りる。

まあ結局、やるかやらないか、動くか動かないか次第かなって思いますね。

ということで今回のテーマは以上になります。

ありがとうございました!

ありがとうございました!
ありがとうございました!

 

まとめ

 

・小資金でできるネットビジネスがオススメ

・すでにお金がまわっている企業に取り入るコバンザメ戦略

・自己アフィリエイトでまずは資金をつくる

・適者生存能力の高い男はモテる

・ビジネスの本質は、ネットもオフラインも同じ

 

 

*1日一回、応援よろしくね!*

考えるな!ポチっとするんだ!
(*・_・)σ @

にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村


社長ブログランキング

 


年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかる!(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<


この記事をシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です