起業に資金はいくら必要か? 結論:お金なんて1円もいらないから

起業に資金はいくら必要か

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料)

silentyoutube


【起業に資金はいくら必要か】

 

山ちゃん

こんにちは!山崎です。

今回は、起業に資金っていくらくらい必要かということについて話していきたいと思います。

まあ、起業には当然資金は必要だと思うんですけど具体的にどれくらいなのか?

など、私達の経験などから話していきたいと思います。

では、マーシンさんどうですか。

 

交渉力とアイデアしだいでゼロ円でも起業はできる

 

マーシン

うちの場合は、リアルビジネスだったので特に昔は資本金とかをそれなりに揃えなければならなかったので、うちの場合は資本金300万から始めたんですけど、まあ業界によっても違うとは思うんですよ。

設備投資必要な業界もありますしね。

だから結論をいうと自分が好きなだけの金額(笑)あとは自分が心配いらない金額。

まあ、最初に何かを揃えたり必要な金額ってありますけど、当然事業がはじまってすぐに収入になるかわからないのでだいたいどれくらいの期間で収入が安定してくるのか予測しておかなければいけないじゃないですか。

であればその間の経済的ストックを確保しておかなければいけない。

まあ、その予測プラスアルファくらいのところは売上げが何もなくても食べていけるくらいはあった方がいいでしょうね。

ただ、面白いもので私の業界は掃除の業界ですけど当然リアルビジネスなんですが、資金ゼロ円で始めた人も中にはいます。(笑)

この人なんかは最初はある会社の完全下請けから始めたんですよ。

そしてそこの会社に車も借りて道具も借りて何もかもタダで借りて仕事は毎日あるしで結局初年度年商700万くらいでしたね。

そしてその人は年商2000万くらいになってやっと自分の車を買って道具もいろいろ揃えてやってましたね。

それまでは私もたまに車貸してあげたりしていましたね。

そんな強者もいます。
まあ、そう考えると交渉力があればそれほど資金はいらないという考え方もありますね。

あと違う例としては、ある不動産オーナーがいてこの人は物件をたくさん持っているわけです。

そしてある店舗物件がずっと空きっぱなしだったんです。

それで勿体ないのであるプロデューサーにこの場所で飲食店とかできないか相談をしたわけです。

そしてそのプロデューサーは飲食ビジネスのアイデアを思いつきました。
しかし今度はそれを実際にやる人が必要になります。

そこで私がある女性を紹介して女性はお店を任されることになりました。
この女性は飲食のお店をやりたかったけど資本金がなかった。

しかし、この方法ではあがった売上げをオーナーとプロデューサーと女性で分けるという仕組みだったので事実上資本金ゼロで飲食店ができたということもありました。

これも最初にお金をかけるという考えではなくて実際にお金が生まれてからそれを分けるということで事業自体のリスクを減らすことができるという知恵だと思うんですよ。

そういった意味でいうと必ずしもいくらなきゃいけないというものでもなくて、アイデアや交渉次第ではいくらでもどうにでもなるよということでもありますね。

参考記事

起業のアイデアを考えるコツ

 

山ちゃん

まあ、セオリーでいうと100万とか500万ではありますけど、アイデアや交渉や発想力によって変わってくるということですね。

カミィさんはどうですか。

 

お金をかけないですむ事業からはじめよう

 

カミィ

昔は、有限会社300万、株式会社1000万と言われたゆえんは、リアルビジネスが主流だったということだと思うんですよ。

おそらく半年くらいはやっていける資金がないと潰れちゃうよっていう話だったと思うんです。

だからそういう目安があったんだと思う。

僕なんかは個人事業はじめる時も、法人にするときもそんなにお金がかからなかったし、むしろかかるようにしなかったという感じですかね。

さっきのマーシンの話にあったようにリアルビジネスだって資本金ゼロで始めちゃう人もいるくらいなんで、なるべく資金をかけないという方向でやるのがいいんじゃないかと思いますね。

まあ、ヘタに余裕資金があると、あぐらをかいちゃう人もいるかもしれないし、それは人それぞれですけどね。

僕は、なるべく資金はかけないでやれるところからはじめていくのがいいと思います。

参考記事

ネットビジネスは元手ほぼなし、在庫なしでできる手堅いビジネス

 

山ちゃん

カミィさんは最初はどんな分野から始めたんですか?

 

カミィ

まあ、僕の場合ネット関連事業でしたけど、最初はSEOが主流の会社だったんですよね。

ネットの全体像みたいなのは僕は詳しかったんですけど、SEOに関しては、そういう技術を持ったプログラマと組んでいたので、ほぼこの人がいたから成り立ったみたいなところはありますね。

その特殊技術があったんで、誰もが知っている某ネット関連企業の上場企業と取引ができたんですよ。

ようするに、うちのその技術をその企業に貸出していたわけです。技術のOEMみたいなものですね。

でまあ、当時は自営業だったんですけど、上場企業と付き合うために体裁を整えようということで株式会社にしました。

資本金10万で、設立資金30万ちょいで、晴れて上場企業と付き合うことができたわけです。(笑)

個人事業では契約できなかったところを会社設立しただけで、上場企業と組んでガッポリ戴けるようになったわけですね。(笑)

しかも、上場企業と付き合ってますっていうと信用があるので、次々に新規営業もはかどるわけですよ。(笑)

そう考えると、個人ではできないことでも、会社にするとできることもいろいろありますね。

まあ、そんな感じですので、皆さんあんまり深く考えないでも大丈夫だと思いますよ。

 

山ちゃん

そうなんですね。

ということは最初は40万とか50万くらいでいいということですかね。

 

カミィ

まあ、そんなところからでも始められちゃいます。(笑)

 

ネットビジネスは携帯代より安く始められる

 

山ちゃん

じゃあ、僕の方から言うと、会社をつくるとなると登記やなんやらで40~50万くらいかかりますが、ネットビジネスですとほんとサーバー代とドメイン代で月3000円とか4000円ですから、スマホ持つより安いですよっていう感じです。

個人事業であれば紙一枚提出すればいいですし、変なリスクは背負わない方がいいですよね。

商品なんかもいきなり仕入れたりしなくてもアフィリエイトであれば有名なA8さんであるとかバリューコマースさんなんかで登録すれば仕入れなしでいくらでも商品を販売することもできるわけです。

昔であれば事務所の場所借りたり、店舗借りたりしなきゃいけなかったものがネットさえあればお金をかけずに一人で商売ができるということです。

だから本当にハードルも何も感じないでほしいなというのが僕の感想ですね。
資金だって1万円あれば余裕でできますよという感じですね。

お金はとにかくいらない。

いくらくらい必要かなって思っている人は、手段を知らなかったり、不安で調べてるのかなって思いがありますね。

参考記事

まずは自己アフィリで資金をつくろう

 

カミィ

そもそも、起業とか会社つくるってことがすごいことなんじゃないかっていうイメージがあるんだよね。

 

山ちゃん

いやあ、わかります。そうなんですよ。

僕なんかも会社にした時はホームページなんかもそれっぽく作ったんですよ。
それもそれっぽくは作ったんですが、実はどこかのサービスのテンプレートそのまま使って写真だけ顔写真にして企業理念なんかもどこかのサイトのをほぼパクるみたいにしてますよ。(笑)
もう8割くらいパクリかもしれないですよ。だから小難しいこと書いてある。(笑)

だからもうホント難しいことはないです。

リアルビジネスでさえ、マーシンさんの話からわかるようにアイデアと交渉しだいで実質ゼロ円でいけるということですからね。

参考記事

上手くいっている人をパクることから始める

 

カミィ

そうだよね。

実際最初に何百万とか数十万必要だとして、それをつくるのにも時間がかかるわけで、そう考えるとゼロ円からでも始められるビジネスモデルを見つけちゃえば、その時点から始められちゃうってことだからそれが一番いいよね。

 

日頃から極力お金をかけないですむ思考を習慣化する

 

マーシン

あとは日頃からいかにお金をかけないで生きるかという思考の習慣を持っているといいかもね。

先日、銀行に行ったんだけど出てきたらすごい大雨が降ってきたんですよ。
まあ、ビニール傘を買えばいいんだけど500円くらいするでしょ。
もったいないな~と思ったのね。(笑)

そして私はこの世界には私のためのビニール傘が絶対どこかにあるはずだって思ってアンテナをはったんですよ。そして信号まで走っていったら近くの柵にどう見ても誰のものでもないビニール傘が引っかかっていたのでそれをもらって無事に帰りました。(笑)

そんな感じで、お金をかけなくても事が運ぶということを意識して習慣化するといいかもしれませんよ。

参考記事

億万長者も夢じゃない!お金持ちに共通する小さな習慣と意外な行動原則を暴露します!

 

山ちゃん

ああ、それは確かに大事ですよ。

僕は、雨降ったらパチンコ屋さんに逃げ込みます。

パチンコ屋さんには、ご自由に傘お使いくださいみたいな傘が結構あるのでそういうの使ったりしますね。(笑)

でもホントそういう発想って大事ですよね。

起業家は、みんなケチな人多いですよね。(笑)

というか、常に費用対効果とか、投資対効果ということを意識して考えるようになってるんだと思います。

 

カミィ

実際、意外と億万長者の人たちって、実はみんな質素な暮らしとかしてたり、いかに無駄なお金をかけないかみたいなこと考えてるよね。

ようするに、お金をかけるべきところにはシッカリかけるけど、かけないところには極力かけないという思考だよね。

そもそも、こういう思考じゃないとお金貯まらないし(笑)

逆にお金持っていない人は、これとまったく反対のことを実はやっちゃってる。

お金をかけなくてもいいところに見栄をはってしまい、自己投資とか本当にかけなくてはいけないところにはかけない(笑)。だからお金が貯まらない…^^;

実際に、自己投資は一番リターン率が高い投資だと思うしね。

参考記事

これであなたもお金持ち!お金がお金を引き寄せる「くさび理論」

 

 

マーシン

私なんかも掃除の仕事で道具が必要な時も一回しか使わないだろうなっていう道具は買わなかったですよ。

世の中の誰かが持っているはずだと思って。

そうすると誰が持っているっていう情報を仕入れて借りたりとかしてましたね。

 

山ちゃん

そうしますと今回のまとめとしては、交渉しだいでどうにでもなるのでケチを目指そうということですかね。(一同 笑)

良い意味でのケチになれと。

そうすればゼロ円でもできるし、節約できるよという感じですかね。(一同 笑)

それでは今回は終了です。

ありがとうございました!

 

カミィ

ありがとうございました!

 

マーシン

ありがとうございました!

 

まとめ

 

・事業から収益がでるまでの生活資金は確保しておこう

・交渉次第ではゼロ円起業も可能

・お金をかけないですむ分野の事業からはじめていく

・インターネットビジネスであれば1万円あれば十分

・経営者はケチになれ。日頃からお金をかけない思考を習慣にする

 

*1日一回、応援よろしくね!*

考えるな!ポチっとするんだ!
(*・_・)σ @

にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村


社長ブログランキング

 


年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかる!(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<


この記事をシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です